>  > 嫌がる様子もなく別れ際にはキッスをして名残惜しみながらグッバイ

嫌がる様子もなく別れ際にはキッスをして名残惜しみながらグッバイ

手をつなぎプレイルームへ案内されます。プレイルームへ入ると少し雑談、そして風俗嬢が言いました。『今日2回逝かないと帰してあげない』そして自分で脱衣、脱いだ洋服も自分でたたみカゴの中へ入れました。そして狭いシャワールームへ。体を洗い、うがいをして女の子に体を拭いてもらいます。体を拭きながらイチャイチャ…後ろからおっぱいをモミモミ…女の子はチンコをフェラチオ。そして女の子をベッドに仰向けにすると『我慢できない…』と言いながら自分でセンズリを始めました。だからこちらから沢山攻めました。最後は正常位スマタで精液どぴゅっと発射しました。休憩かと思いきや気が付くと女の子は自分の体をさらにいじっています。なのでそこから2回戦突入。全身リップ、フェラチオ、騎乗位スマタ、テコキ、最後は口内精液どぴゅっと発射で無事に2回目終了です。プレイルームを出る時は後ろからおっぱいを揉みたくなったのでモミモミ…嫌がる様子もなく別れ際にはキッスをして名残惜しみながらグッバイして五反田を後にしました。

[ 2014-10-07 ]

カテゴリ: 首都圏の風俗体験談